後期高齢者医療制度

75歳以上の人はこれまで加入していた国保や健保からはずれて、後期高齢者医療制度に加入します。

対象者は75歳以上のすべての人(一定の障害がある場合は65歳以上)

保険者は市(区)町村が加入する「広域連合」

各種申請や届出などの窓口業務は市(区)町村が担当します。

保険料は所得に応じて決められます

原則として、年金からの天引きになります。

後期高齢者医療被保険者証

新しく交付されます。この保険証を医療機関の窓口に提示してください。

患者の自己負担と自己負担限度額

自己負担 自己負担限度額(1ヵ月当たり)
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)
現役並み所得者 3割 57,600円 80,100円+ (総医療費−267,000円) ×1% [44,400円]
一般 1割 14,000円
(年間上限144,000円)
57,600円
[44,400円]
低所得者(住民税非課税) II 8,000円 24,600円
I (年金収入80万円以下等) 15,000円